YouTuber「市村瑞樹」に聞く!カービングターン上達のコツ

ちぇいー!

CUT IN 編集部のきゃんだです。

スノーボード歴、たった5回の私ですが、かっこよくカービングターンを出来るようになりたい!ということで、

今回は、スノーボードHOW TO動画が40万回以上の再生数を誇るYouTubeチャンネル「ichimura film」代表・第18回全日本スノーボード技術選手権大会出場の市村瑞樹さんから、カービングターンのコツを教わりたいと思います!

快晴でロケーションも最高な「妙高 杉之原スキー場」。初心者にもオススメの幅広&ロングなパノラマゲレンデを中心に滑ります。キレイに整備されたピステンバーンはカービングに最適です!

~ビンディング フォワードリーンの調整~

まずはビンディングのセッティングから。

フォワードリーンを調整し、ハイバックを前に倒すことで反応がクイックになります。自分に合うセッティングでカービングを練習しましょう!

~基本姿勢&ローテーション~

基本姿勢は、最終的にここに戻ってくるくらい重要な基礎の部分です。

まずリラックスして膝を落とし、

上半身を捻って進行方向を向きます。これをローテーションと言います。

お腹にボールを挟んでいるようなイメージでお尻を後ろ足の上に落としていき、上半身を進行方向に被せます(目線は落とさず進行方向に向けましょう)。この基本姿勢→ローテーション→基本姿勢の動きは、どんなターンでも必ず経由するので、しっかり体に覚え込ませましょう!

~色んな板の立たせ方~

板の立たせ方には色々な方法があります。ぞれぞれ実際にやってみましょう。

①身体全体を傾けて板を倒す

足首を固定して思い切って体を倒してみてください。体の傾きだけでターン出来ることがわかると思います。

②足を使って板を倒す

トーサイドはつま先側を、バックサイドはかかと側を踏み込みます。足の動きだけでもターン出来るんです。コースの端から端まで綺麗な1本の線で進めるように練習してみてください。そうすれば、エッジに乗る感覚をつかめるはずです!

コースを横切るので、後ろから滑ってくる人に注意して練習しましょう!

③板のねじれを使って板を倒す

前足を踏んでから時間差で後ろ足を踏んでいきます。この動きをすることでボードがねじれ、サイドカーブのエッジが雪面に食い込みターンしていきます。しっかり基本姿勢の状態から踏み込んでいってみてください。ゆっくりとターンしていくことがわかるはずです。
こんな風に色んなターンの方法があるんですが、これらを組み合わせることによって高度なカービングターンが出来るようになります。奥が深いですね。

~前足の動き~

次に、前足の動かし方を説明します。

進行方向に向けてブーツの中の前足を捻っていくイメージで動かしてみてください。

バックサイドは外側に開いていくように、

フロントサイドは内側に足を寄せるというか、力を加えるイメージです。

~前足を使った秘密のトレーニング~

それではここで、ちょっと変わった練習をしてみましょう。

まず、カゴに入ったリンゴを前手に持っているとイメージしてください。

これを落とさないように滑ってみて!

え、リンゴ出てきたwww

かごに入ったリンゴを落とさないようなイメージで、まっすぐ降りてくる練習をします。バックサイドもトーサイドも、かごを持っている手が常に斜面側を向くように意識してください。

コツは前足だけで板を操作すること。前足が車のハンドルと同じような役目を果たしているんですね。これをマスターすれば、ショートターンもかなり上手くなりますよ!

それでは、実際にカービングターンにトライしてみましょう!

きゃんだ「前足の操作と板の立たせ方、なんとなくわかってきた感じがする!」

さらにプラスして、スピードを出すために後ろ足に乗ってみましょう!

こんな感じで右胸を前足の太腿に近づけるようにすると、頭とお尻が板の上に乗るので低姿勢になって安定します。

一気にスピード出るー!難しい…!
なかなか市村さんのようには出来ないけど、あとは練習あるのみ!

そして、、、

たった1日で、ここまで板を倒せるようになりましたー!みなさんも是非、ゲレンデでチャレンジしみてください!

最後に、市村さんのYOU TUBEチャンネルからオススメのカービング動画を紹介します!


INFORMATION

妙高 杉之原スキー場

URL:https://www.princehotels.co.jp/ski/myoko/winter/

ACCESS MAP