【超絶景】標高2,469m!白馬乗鞍岳バックカントリーレポート!

はおー!

CUT IN 編集部のせりかです。

今回のバックカントリー は、「白馬乗鞍岳」に挑戦! 標高はなんと2,469m !!!

ナビゲートしてくれるのはもちろんこの方、

BC歴10年の松田師匠

管理区域外に立ち入るには様々なルールがあります。

登山計画書も忘れずに。

栂池ゴンドラリフト「イヴ」からの、

栂池ロープウェイ

車内はノリのいい外国の方ばっかりでした。

松田師匠「このマップの一番右が乗鞍岳だね」

自然園駅では、園長による山岳講習がありました。

本日のルートをチェック。 ゆっくりハイクして3〜4時間でピークハント予定。かなり長そう、、、私、大丈夫かな 汗

松田師匠「このルートはどうですか?」
園長「そのコースは雪崩れてますね」
松田師匠「こっちはどうですか?」
園長「そこも雪崩れてますね」

「どこもかしこも雪崩れてんじゃん」(せりか心の声)

ということで、標高2,469mの乗鞍岳山頂を目指し出発です!

白馬の山々。かっこよすぎ。

なんと雲海まで姿を現しました!

着々と、

登ります。

雷鳥はいないなぁ。残念。

そして2時間後、、、

乗鞍岳の中腹にある天狗原に到着!標高2,180m! 空気が薄いような気がします。

なんだか太陽近くない!?

松田師匠「せりか、頑張ったね。これをあげよう」

低糖質のナッツ。

「むしろもっとたくさん糖質が欲しい」(せりか心の声)

小さな岩の『ほこら』を発見。 安全を祈願します。

「どうか無事に帰れますように。マジで」(せりか心の声)

乗鞍岳のピークが見えます。 正面のノートラ斜面を狙いたい!

すでに何組か先行してますね。 ここから斜度は一気に厳しくなります。

奥に見える少し黒い部分が雪崩れた斜面。こっわ!

松田師匠「せりか、もう少しでピークだよ!」

でも、その”もう少し”が、

やたら長い気がするのです。

そして、、、

やりましたー!!!

ピークハント!!!涙
しかし、のんびりしてる時間はありません。早速ご褒美タイムに突入! ゲレンデでは出会えない光景が広がります。

ちょっと怖いけど、ここを一気に攻めますよー! 斜度は約40度くらいかな。

誰もいない、人工物もない、まっさらな山を滑り降りる、、、超快感!

はい。私たちの一筆書きをご覧ください。 もはや芸術と言っても過言では無いでしょう 笑

遠くから見るとすごい迫力。危険と隣り合わせだからこそ感じられる、美しい自然がそこにはありました。

雪が例年通りに降っていれば、栂池高原スキー場のゲレンデまでロングランできるそうです。それはまた来シーズンのお楽しみにとっておきますね。ハイクはしんどくて足はパンパン、、、 だけど、下山して山頂を見上げるとまた登りたくなっちゃう。不思議だなー 笑

▼ダイジェスト動画はこちらから

▼松田師匠の攻め攻め動画はこちらから!

乗鞍岳 バックカントリー 2020、パーフェクトでした!!!


INFORMATION

白馬乗鞍岳
URL : https://yamap.com/activities/1675377

ACCESS MAP

投稿者プロフィール

せりか
せりかカメラマン
乗り物に乗るとすぐ眠たくなる。最近ラクトアイスとアイスクリームの違いが分かるようになった。山か森で暮らしたい〜!