レーベル「MAGNIPH/Hostess」から日本人第1弾の作品をリリースが決まるなど、勢いに乗る彼ら。「僕は30年かけて、バンドは11年かけて、この『Hallelujah』を作ったような気持ちでいます」。その言葉の通り彼らの集大成となる最新作は、新たな一歩も意味していた。9月には新潟でソロ、10月にはバンドでのライブも予定しているKobayashi氏に話を聞いた。

THE NOVEMBERS / Yusuke Kobayashi (Vo&Gt) Interview

1

結成当時から音楽性は変わりましたか?

 当時の自分達の音楽性は、一言でいうと無垢。今は解放という言葉がしっくり来るかもしれません。昔より色々な音楽性に挑戦したり、吸収する機会があり、自分の世界は広がりました。これによって色々な可能性は広がるのですが、その選択肢が増えすぎてしまうと、それ自体で雁字搦めになってしまったり。要は何が必要で何が不必要なのか、選択する意思も必要なんだと思います。

 僕たちは2005年に結成したのですが、当時は自分達が思うかっこいいことをやることに関しては真剣でしたが、そんなにプロになることを意識していなくて。オーディションに参加したり、プロになるために特別に何かをやったりしたわけでなく、夢中で活動しているうちにスカウトされてデビューが決まった感じです。純粋に音楽に向き合えていて、それが良かったのかもしれません。

2

9月下旬にはその音楽性が反映された最新作「Hallelujah」がリリースされますね。先に聴かせていただいたのですが「美しい」という印象を受けました。

 「美しさ」は、僕が創作活動をする上でキーワードとなっているのですが、今作に限った話でいうとやはり「解放」をコンセプトにしています。僕は30年かけて、バンドは11年かけて、この「Hallelujah」を作ったような気持ちでいます。集大成という気持ちもあるのですが、新たな一歩を踏み出す気持ちの方が強いですね。タイトルの「Hallelujah」は、その賛美というか喜びというか。

個人的には「黒い虹」「1000年」の叙情的な歌詞が心に残っています。

 「黒い虹」はジョルジョ・デ・キリコという画家の作品「通りの神秘と憂愁」を見て、イメージを膨らませて書いたんです。曲としては自分たちなりの「Helter Skelter(The Beatles)」を作ろうと思ってオマージュを含めた派手なアレンジにしました。聴き比べてくれたら嬉しいですね。また「1000年」の歌詞はチャレンジしていて、普段は歌詞の中で「俺」という言葉は使わないのですが、直球な歌詞にしたかったので使いました。大胆に書けたので気に入っています。歌詞は書くのに結構時間がかかる方かもしれません。日本語で歌って、日本語で伝えているからこそ歌詞も楽しんでもらえたら嬉しいですね。

9/16(金)にはソロで、10/6(木)にはツアーで新潟へいらっしゃいますね。

 実は結構、新潟ではライブをしていて、熱心に待ってくれている方がいらっしゃるので嬉しいし、すごく勇気づけられることが多いです。新潟でライブとなると地元ではないのですが、「帰ってきたぞ」という気持ちになります(笑)。美しさはみんな必要としているからこそ観に来たり、聴きに来たりすると思うんですよ。ショーにおける美しさは演者だけが持っているのではなく、むしろお客さんとの繋がりの中にこそ存在すると思っています。ライブ当日はお互いの美しさを認め合い、証明しようという感じですね。要するにライブを楽しもうよ、ってことです。

TEXT : IKAJUN

PROFILE

545
©Yusuke Yamatani

THE NOVEMBERS / Yusuke Kobayashi (Vo&Gt)

2005年結成のオルタナティブロックバンド。2007年にUK PROJECTより1st EP「THE NOVEMBERS」でデビュー。2013年10月からは自主レーベル「MERZ」を立ち上げ、 2014年には「FUJI ROCK FESTIVAL」 のRED MARQUEEに出演。海外ミュージシャンとの共演も増え、TELEVISION,NO AGE,BO NINGEN,Wild Nothing,Thee Oh Sees,Dot Hacker,ASTROBRIGHT等とも共演。小林祐介(Vo/Gt)はソロプロジェクト「Pale im Pelz」や 、CHARA,yukihiro(L’Arc~en~Ciel),Die(DIR EN GREY)のサポート、浅井健一と有松益男(Back Drop Bomb)とのROMEO’s bloodでも活動。ケンゴマツモト(Gt)は、園子温のポエトリーリーディングセッションや映画「ラブ&ピース」にも出演。高松浩史(Ba)はLillies and Remainsのサポート、吉木諒祐(Dr)はYEN TOWN BANDやトクマルシューゴ率いるGellersのサポートなども行う。2015年4月に新木場スタジオコーストでのワンマンの模様を収めた初の映像作品「”TOUR Romance?” LIVE AT STUDIO COAST」をリリース。
: http://the-novembers.com

RELEASE INFOMATION
Hallelujah

9.21 wed ON SALE – 2,808yen(税込)
MAGNIPH/Hostess
HSE-8000

TRACKLIST

1.Hallelujah
2.黒い虹
3.1000年
4.美しい火
5.愛はなけなし
6.風
7.時間さえも年老いて
8.!!!!!!!!!!!
9.ただ遠くへ
10.あなたを愛したい
11.いこうよ
(※T-8読み:そしてバカはパンクで茹で死に)

LIVE INFOMATION

3

小林祐介 × COLOUR SCENE

DATE : 2016.9.16 fri
PLACE : GOLDEN PIGS YELLOW STAGE
OPEN : 21:00 (START 21:00)
FEE : 当日券のみ 2,500yen(1D) ※フード持ち込み自由
SPECIAL GUEST LIVE : 小林祐介 (THE NOVEMBERS)
LIVE : DISKHAOS
DJ : 小林祐介 / 遠藤博美
INFO : PROVEN (025-229-3266) / FUNNYSWEET (025-229-1226) / GOLDEN PIGS (025-201-9981)

11th Anniversary & 6th Album Release Tour – Hallelujah –

DATE : 2016.10.6 thu
PLACE : GOLDEN PIGS BLACK STAGE
OPEN : 19:00 (START 19:30)
FEE : 当日券 3,800yen(1D) / 4,300yen(1D)
INFO : FOB金沢 (076-232-2424)

ACCESS