こんにちは。もうすぐクリスマスですね。編集部の聖母、ふじつかです。

私を「聖母」と呼ぶのは、ラジオ担当の「ニコラス高澤さん」なんですが、、、サンタクロースは「聖ニコラウス」の伝説が起源とされているんだそうです。ニコラス高澤さんって、サンタクロースの化身なのかなぁ~。

さて、早いもので2017年ももうすぐ終わり。(つい先日までカブトムシ生きてたんですけど、、、)
皆さんはどんな1年を過ごされましたか?

お久しぶりの編集部Skillsは、第3弾として、編集部がそれぞれの2017年を振り返り、

「今年の漢字」

を発表したいと思います。(便乗!)

数ある漢字の中からどんな一字を選ぶかで、センスが問われそうなこのお題ですが、日頃からコピーや文章をたくさん生み出している、編集部が選んでみた、2017年今年の漢字は、こちら~~!!

(直筆でお届けします)


クリエイティブルーム統括プロディーサー/佐藤

佐藤
2017年は色々環境が変わった年でした。まず、15年ほど務めたCUT INの編集長を後進に任せたこと。
そして38年間、独身貴族を立派に務めあげ惜しまれつつも結婚したことです(笑)。
来年も変化を恐れず挑戦していきますよ!

えーっと、、、38年もの長い独身生活、お疲れさまでした(笑)。今回のこの企画も「奥さんが見てくれるから 」と参加してくれました。それにしても、「変」より適切な漢字があるような。


CUT IN 編集長/IKAJUN

IKAJUN
変人の「変」。と思わせておいて、プライベートでは子供も産まれて環境が変わったし、仕事では編集長になって立場が変わったので、この漢字を選びました。
でも自分、大事な芯の部分は絶対変える気ないっすから。

佐藤「俺の方が“変”に決めたの早かったよね?」
イカジュン「いや、漢字は自分が先に書いたっす!」
佐藤「そっちが直しとけよ」
イカジュン「いや、自分直す気ないっす!」

小競り合いの末、かぶったまま載せる事にしました。仲良しか(笑)。


エディター/廣瀬

廣瀬
夏に右下の親知らずを抜きました。ほとんど埋まった状態で真横に生えているタイプだったので、歯茎をサクッと切り開き、顎の骨をゴリゴリ削り、歯を2つにパカッと割ってから全力でグイグイッ!っと。
来年は左下です(汗)。

歯医者嫌いな人にとっては、恐怖でしかない文章ですよね。
来年もって(笑)。親知らずの抜歯に関して言えば、案ずるより産むが易し!もし悩んでいるとしたら、潔く歯医者へGO~!


エディター/金子

金子
「前進」「進歩」など、前向きな表現として使われることの多いこの漢字。数ある出来事を通して、常に前向きな気持ちでいることの大切さに気づかされた1年でした。
ちなみに、俳優の寺島進が好きだからってこの漢字選んだわけじゃないですよ!

寺島進が好きで「進」を選ぶっていう法則だとすると、イカジュンは清水富美加の「富」だし、KSKさんはNegiccoの「葱」ですよね。
金子さん、来年は隠れポジティブスイッチも発動させちゃってください!


デザイナー/藤塚

藤塚
この1年といえば、編集部みんなが狂ったように取り組んだ「低糖質ダイエット」。気付いた頃には、至るところで「糖」の文字に拒絶反応を示す自分がいました。
4ヶ月続けた成果はマイナス4kg!がんばった!でもブランパンはもう5年ぐらい食いたくねー!

その後、1kgリバウンドした事もここに報告しておきます。


デザイナー/くりやま

くりやま
今年は編集部内一部メンバーでスマホゲーム「ディズニーツムツム」が(何故か今更)流行り、ひたすらハートを送り合っていました。
私の愛用ツムは「眠れる森の美女」のマレフィセント。ストアで売っているぬいぐるみは「ファインディング・ドリー」のベイリーが好きです(^。^)

編集部内一部メンバーってのは若手女子スタッフ3人だったのですが、その中にひっそりとおじさん2人が混じっていて、その片方のおじさんなんて夜中にハート送ってくるっていうから薄気味悪いですよね(笑)。


WEBデザイナー/小川

小川
今年は、糖質制限ダイエットを始めたり筋トレを始めたり、今さらツムツムにハマったりしましたが、、、ぜーーんぶ飽きました!!
続ける事って力が必要ですね〜。来年の目標は「継続」ですかね。

「糖」と「積」を経て、「飽」の境地に達してしまった小川さん。
ブランパンを求めて、毎日ローソンまで一緒に通っていましたが、そういえば途中から「今日はファミマがいいです」に変わっていったなぁ~。


カメラマン/今井

今井
周りを見渡せば皆どんどん結婚して行き、幸せになる人が多かったこの一年。そんな中僕は一夏の恋で終わり、仕事で成長しなければと自分との戦いに身を投じておりました。
うん、自分って真面目。とりあえず大殺界早く終わらないかなあ~。

字がしょんぼりしているように見えるのは気のせい(笑)。
字が細いためか、こちらまでじわじわと寂しさが込み上げて来ます。ちなみに大殺界はあと1年残っているそうです。おそろし~。

カメラマンアシスタント/長谷川

長谷川
ラッキーもアンラッキーもこの字に込めました。嬉しいこと、うまくいかないこと沢山沢山あった1年。
201ナナ年はラッキーセブンイヤーであり七転び八起きであり、時には七転八倒。大魔王め。
来年は末広がりな201ハチ年にします!

編集部Skills初登場、カメアシの長谷川さんです。
2018年の長谷川さんは仕事運に恵まれ、一年を通してラッキーなことが続くことでしょう。後半はイベントに行くことで運気がアップし、大魔王が現れることはないでしょう。(聖母占い)


WEBプランナー/HANAZAWA

HANAZAWA
友人の飲食店がオープンし、行きつけの店が増えた事で、今年の飲み代は12月を待たずに40万円オーバー。12月を考えると60万は超えると思われます。白ワインを8本飲んでいる週もあったり。
花沢は特別な訓練を受けています。良い子は真似しないように。

花沢さんの今年の漢字が「酒」だってことは、薄々気付いてましたけどね(笑)。
年間の酒代が600,000円オーバーって、中古車一台買えません?特別な訓練がまた謎めいていて気になります。


アートディレクター/KSK

KSK
今年で40歳、別名「初老」。同じ「老」でも人が憧れるCOOLな「老」でありたいという願いで、かっこよく書きました。
最近はペットボトルの蓋をしたまま口へ持って行き、てへっとなることが増えました。撤回し、みんなに愛されるFUNNYな「老」になりたいと思います。

40歳かぁ~~、40歳ってどんな感じなんだろう?まったく想像できなーい!てへっ


みなさんの今年の漢字は何ですか?

TEXT : Fujitsuka

Author Profile

FUJITSUKA
FUJITSUKA
CUT IN デザイナー。宮城県出身、東北弁と新潟弁のバイリンガル。
現在、男の子2人の子育てに奮闘中!
夢は老後に夫と世界一周して世界のグルメ本を出版すること。