CUT IN WEBでは、2017年の学園祭情報をお届けしているのですが、書いているだけでは物足りず、新潟医療福祉大学の学園祭に潜入取材してきました!

10月8(日)、10月9日(月)に開催されたのは、今年で第17回目を迎える「伍桃祭」。

広場では、各サークル、団体が模擬店を出店。生徒だけではなく一般の人も参加しているため、盛り上がっている様子がうかがえました。

おでんに、野菜クレープ、パウンドケーキ、、、店先には手の込んだ料理やお菓子が並びます。
かわいい店員さんに、つられてついつい買いすぎてしまいそうなので校内の展示ブースに退散。

医療福祉大学に来たからには、行っておきたいのは大学の特色を活かした展示コーナー。
体内の細胞について研究するサークル、cell研では、細胞の染色、顕微鏡を使っての観察などを体験。

体験や研究成果の発表から、医療福祉大学の学生たちが日々勉強している医療について触れることができました。

よさこいサークル「舞桃会」の演舞は、通行人も思わず足を止めてしまうほどキレッキレ。私たちもその迫力と一体感に胸が熱くなりました。

続いて、多数の創作ダンスコンクールで入選経験のあるダンス部の公演を鑑賞しました!POPからコンテンポラリー、JAZZまで幅広いジャンルのダンスは、どれも本当にパワフル!3月に開催される定期公演も楽しみです。

他にも、お化け屋敷やお笑いライブや軽音楽部のバンド演奏など内容は盛りだくさんでした。
次はどこの学園祭に行こうかな〜!

最後に、会場で出会った学生の皆さんのスナップをまとめて紹介!撮影に協力してくださった皆さん、ありがとうございました。


TEXT : KANEKO