いよいよ新潟では初開催となるNegiccoによる音楽フェス、NEGi FES 2017が、迫ってまいりました!さらに今年は、10月7日(土)・8日(日)の2days!参加アーティストも超豪華!!1日目は、スカート/中島愛/ORIGINAL LOVE 2日目は、THE MICETEETH/Homecomings/CHAI そしてモチロン両日ともヘッドライナーは、新潟のフッドスターNegicco!!

新潟県にお住いの236.5万人の方は、すでにチケットGET済みで、後はライブを楽しむだけ!って感じだと思いますが、「県外から新潟に行くよー。せっかくNegiccoのホームタウンだからゆかりの地も行ってみたいよー。でも土地勘ないからどう回ったらいいかわからないよー。」って方もいますよね?
せっかく新潟に来てくださるなら存分楽しんで欲しい!ということで、KENTOのネギヲタKSKが、Googleマップを活用し、聖地巡礼マップを作ってみました!サンシャイン日本海のPVに出てくるところもあるので、観ながら歩くのも楽しいかと!

Negicco「サンシャイン日本海」MV(Full)

Negicco「サンシャイン日本海」MV(Full)


ざっくりですがGoogle Mapの数字順に行けば効率良く回れると思います。離れたポイントもあるので、それぞれ空き時間に合わせてどうぞ。
記事の最後にはSpotifyでNEGi FES 2017を楽しむためのプレイリストも作ってみたので、聴きながらその日を待ちましょう!そして、当日はNegiccoのゆかりある地を訪れ、新潟を満喫してください!


1.白山神社

新潟市でも特に有名な歴史のある神社で、奉納演芸ではNegiccoライブが定番となっています!
入り口の鳥居に向かって左、信濃川方面へ行くと11月にワンマンライブが行われる県民会館もありますよ!!


2.古町通

NegiccoのホームグラウンドFalling Starsの町はここから始まり、サンシャイン日本海のロケ地の一つでもあります。この通りはとても長く、1~4番町を上古町、略してカミフルと呼んでいます。Negiccoとも縁のある雑貨屋のヒッコリースリートラベラーズや、Ken’s Burger、古町糀製造所など個性的なお店がたくさんあって、散歩するだけでも楽しい!さらに進むと和菓子屋さんのはり糸や6番町の手前を曲がれば、元アジトの3.GOLDEN PIGSがあります。

古町通7番町の大きな通りへ出たら左へ曲がってまっすぐ行けば「どっぺり坂」、まっすぐ行けばオレンジローソンです。「ルートセヴンの記憶」のタイトル「ルートセヴン=国道7号線」は、実はこの通りから始まる!


5.どっぺり坂

この階段を上がると、かつての芸能スクール「アップル・リトル・ パフォーマーズ」があったというNegiccoにとって思い出の坂道。実は昔、HIP HOP DANCEを習いに同じ学校へ行ってた筆者にとっての思い出の坂道でもある、超どーでも良い情報も添えておきたい。デビュー曲「恋するネギっこ娘」のPV撮影現場としてもお馴染み。


6.オレンジローソン

古町どんどんのNegiccoライブは、ほぼ毎回ココの前で行われます!ライブ前・ライブ中は広いストリートを埋め尽くすほどの人が集まるので、NEGi FES 2017前夜祭にお越しの方は要注意ですよ!


7.VOVO 新潟本店

原宿の伝説のカレー屋GHEEの味を受け継ぐ、新潟の名店。カレー好きのぽんちゃも推し!vovoのカレーは2つの味が楽しめるコンビネーションで頼むのがデフォと言ってもいい程!


8.みなとぴあ

サンシャイン日本海PVのロケ地の一つで、にいがた★JIMAN!PVでもみんなが踊るシーンの撮影地。新潟の歴史や文化を知ることが出来る博物館です。


9.サンシャイン日本海 撮影ポイント1

サンシャイン日本海の限定盤Bジャケ撮影ポイントです。3人並んでジャケと同じポーズで撮れればベスト!


10.サンシャイン日本海 撮影ポイント2

サンシャイン日本海の限定盤Cジャケ撮影ポイントは、少し高いアングルから撮りましょう。


11.愛のタワー・オブ・ラヴ 撮影ポイント

ジャケの撮影ポイントです。初めて来た人はなかなかこのポイントは見つけづらいと思います。もし時間に余裕があれば、川沿いのやすらぎ堤を散歩して、日本一長い川の側でのんびりするのもオススメです。


12.バスセンターカレー

「名物 万代そば」のカレーライス。懐かしい味の真っ黄色なこのカレーは、数々の著名人からも支持を受けるほど大人気で、お土産としても販売されています。なんとNEGi FES 2017では会場で食べることができます!!当日会場ではNegiccoバージョンのお土産パッケージも販売!!


13.みかづき

全国的にも知られてきた新潟市のソウルフード、イタリアンの元祖。こちらもNEGi FES 2017の会場で食べることができます!


14.レインボータワー

昔から新潟市のランドマークとして知られる展望塔は、運休後も塗り替えられるなど、今も大切なシンボルとして愛されています!


15.FM KENTO

8年間放送され、昨年末に惜しまれながら終了したNegiccoのラジオ番組、通称 : ネギラヂの収録スタジオ、弊社でございます。かつては毎週公開収録で、たくさんのファンが詰めかけました。新潟駅南口のすぐ側です!


16.越後屋本舗(期間終了につき閉店)

NEGi FES 2017開催中には、Negiccoグッズや社長である熊さんのバンドTまで販売する、期間限定のPOP UP SHOPが「沼垂テラス商店街」にありました。



NEGi FES 2017 HP : http://negicco.net/special/negifes2017/

TEXT : KSK ONE

Author Profile

KSK ONE
KSK ONE

CUT INのグラフィックデザイナー。HIP HOPにハマり、GRAFFITIやDANCEをかじって、クラブにもどっぷり浸かる。最近はシティ・ポップスの音源&ライブもチェック。ネギヲタ箱推し。