新潟バンドシーンのみならず、ツアーで来県するバンドマンからも支持されるクラブ リバーストを切り盛りする、実は笑顔が可愛いと評判の加藤店長にフォーカス。

新潟CLUB RIVERST 店長/加藤雅泰 Interview

ガク
正直、怖がられませんか?(笑)
加藤
不本意ですが、めっちゃ怖がられますね(笑)。
事務所に入ってきた高校生が後退りしてコケたり、フライヤー持って来た人に近づいていくとゆっくり後退りしたり、同じ建物のマツエクの店員に「ヒィィ!ゴメンなさい!」って言われて逃げられたり、、、いっぱいあります(笑)。
どうにかしてください(笑)。
ガク
なぜライブハウスの店長になろうと思ったんですか?
加藤
大学のサークルで組んだバンドで新潟をベースに数年活動していて、その時に仲良くなったのが今の会社の社長でした。
ちょうど新しいライブハウス(CLUB RIVERST)を作るタイミングで「一緒にやろうぜ」って言われたのがライブハウスに入ったきっかけです。
最初は照明を担当し、ブッキング担当を経て店長&ブッキングっていう流れですね。
ガク
「バンドやろうぜ!」的なノリだったんですね!ライブハウスの前は何をやっていたんですか?
加藤
本当は黙秘したい質問ですね(笑)。地盤調査会社、石油会社等の調査のお手伝いとかしてました(笑)。
ガク
意外!僕はてっきりOOOやOOOOなのかと、、、(笑)。見た目はアウトローなのに意外と高学歴ですよね、、、?
加藤
なんで知ってるの?(笑)。
ガク
編集部のリサーチ力を使い、新潟の影響力のある人物であればだいたい、、、(笑)。
加藤
そして見た目はアウトローは余計です(笑)。こんなですが、最終学歴は理学博士で、専門は第四期火山学です。英語で論文とか数本書いてます。
ガク
おおお!予想以上のインテリジェンスでした!これは新潟のシーンの展開も安泰ですね!(笑)。では現在の新潟バンドシーンについて教えて下さい。
加藤
新潟はバンドは多い地方だとは思いますが、数年前に比べてちょっと勢いは落ちてるのかなと感じますね。
from新潟を背負って全国に出て行くバンドがとても少なく感じます。
もちろん精力的に活動してるバンドも多いですし、様々な事情があるのもわかるのですがね。

ガク
長くシーンを見ていると思いますが、印象的な出来事を教えて下さい。
加藤
やはりa crowd of rebellionの躍進ですね。
結成当時、多分ファーストライブもみましたし、いわゆるローカルでの活動から観てるので、バンドがどのように大きくなっていくかと言うのを間近で観てて、夢があるなと思えるバンドです。
ガク
20年近く関わっている新潟バンドシーンの中でも、特に記憶に残っているバンドを教えて下さい。
加藤
自身でバンドを始めてから、そしてライブハウスという仕事に本格的に入ってから、本当にたくさんのバンドに出会いました。
対バンしたバンド、ライブハウスのスタッフとして組んだイベントに出てくれたバンドは、ほぼ覚えています。
自分への影響という意味で、その中でも新潟のハードコアパンクシーンで生きていた「羅生門」という和太鼓バンドが一番強烈な印象を受けました。
音楽的なところはもちろんですが、生き方やバンドマンとしての考え方等、多くの事を教えられました。
ガク
ご自身でもバンドをされていますよね?
加藤
、、、そうだっけ?そういう超アングラな話は飲んだ時に話ましょうよ(笑)。
ガク
残念ですが、そうしましょうか、、、(笑)。それでは、好きなジャンルを教えて下さい。
加藤
メロデス一択です!
ガク
それこそアングラじゃないですか!(笑)では今聞くべき注目のバンドを教えて下さい。
加藤
色々居るのですが、ライブハウスをツアーで回ってるバンドで、最近推したいバンドを選ばせてもらいますね。

Survive Said The Prophet
メロディセンスが良すぎて早くワールドワイドに知名度が上がって欲しいバンドです。


アルバム : WABI SABI(初回限定盤)(DVD付)

Survive Said The Prophet – When I | Official Music Video

Survive Said The Prophet - When I  | Official Music Video


mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)
楽曲の雰囲気とメロディセンスが抜群なので、多くのひとに聴いて欲しいバンドです。


アルバム : colors

mol-74 – hazel【MV】

mol-74 - hazel【MV】


Large House Satisfaction
超ドストレートな無骨なロックンロールの無条件でカッコイイバンド。是非聴いて欲しいです。


アルバム : Highway to Hellvalley

Large House Satisfaction  【 ニ ヤ 】

Large House Satisfaction  【 ニ ヤ 】


加藤
ただもっといっぱい聴いて欲しい、観て欲しいバンドはいっぱいいるので、ライブハウスで見つけたバンドをYoutube等でチェックして、ライブハウスに遊びに来て欲しいと思います!
ガク
ではご自身が深く関わっている新潟のシーンから、今ライブを見るべきバンドを教えて下さい。
加藤
これから全国区になって欲しいと思うバンドで選ばせてもらいました。
新潟魚沼産メロコア【Noah】、新潟のポップロックの【SBYZ】、ギターロックからは【マチカドラマ】ですね。
新潟県内の知名度も、全国での知名度も上がって欲しいです。
どのバンドもキャリアは長く、安定した良いライブをしますし、歌が本当に良いバンドですので、一度是非リバーストで!(笑)。
ガク
今後の展望を教えて下さい。
加藤
ライブハウスから新潟の音楽シーンを盛上げて行きたいですね。
マジで。
ライブハウスっていう最小単位の音楽活動の場が、楽しいっていう空気になるようにしていきたいです。
有名無名に関わらず、クオリティの高いバンドが聴いたことの無いような音楽を奏でて、酒を飲み、色々な仲間に逢える場所。
そんなライブハウスにしていきたいと思っています。
ガク
最後に、読者へ一言お願いします。
加藤
ぶっちゃけライブハウスって、知らない人にとってはエンターテイメントの一環の場所では無いと思うんですが、ラジオとかテレビで知って、観てみたいバンドが居たら迷わず遊びに来て下さい!
ライブハウスで出来た仲間って、本当に素敵な繋がりになります!
そしてスタッフも見た目はアレな人が多いですが(笑)、みんなサイコーな人たちなので、気軽にこえをかけて仲良くしてください!
これからも新潟の音楽シーンを新潟駅前の地下から盛上げていきますので、よろしく御願いします!
TEXT : GAKU

PROFILE
加藤雅泰(かとうまさやす)

STYLE4/新潟CLUB RIVERST 店長 兼 ブッキング担当
新潟のローカルミュージックシーンを支える新潟CLUB RIVERSTから、「シーンを盛上げつつ陰ながらしっかり支えられるようなライブハウスのスタッフでありたい」という信念のもと、新潟のバンドマンやファンに新たな刺激とより良いライブを届けるため、昼夜問わずに奮闘する30代。
スキンヘッドにレザーのライダースジャケットがトレードマークとかなりの強面仕様だが、見た目と比例せず優しく、新潟バンドマンからは笑うとカワイイ!と評判の名物店長。

: http://clubriverst.org/
: https://twitter.com/CLUB_RIVERST

RECOMMEND LIVE
10/16(月) Age Factory “RIVER TOUR”

Age Factory / LOSTAGE / bacho
OPEN / START 18:30 / 19:00
ADV. / DOOR ¥2,500 / ¥-

11/9(木) NOISEMAKER RED APHELION TOUR

NOISEMAKER / Joy Opposites
OPEN / START 18:30 / 19:00
ADV. / DOOR ¥3,000 / ¥-

11/20(月) RAINBOW press vol.1

mol-74 / Saucy Dog / sooogood! / 緑黄色社会
OPEN / START 18:00 / 18:30
ADV. / DOOR ¥2,500 / ¥3,000

12/1(金) Large House Satisfaction「抜けた牙を探しに行くツアー」

Large House Satisfaction
OPEN / START 18:30 / 19:00
ADV. / DOOR ¥2,500 / ¥3,000

ACCESS