こんにちは。
社内では珍しく県外出身者のふじつかです。普段から、「仙台まで遊び行くんだけど、どこかおすすめありますか?」と聞かれる事が多いのですが、今回はこの質問にお応えすべく、私の出身地でもある「宮城」のおすすめアレコレを教えちゃいます。

シルバーウィーク目前、どこに行こうか迷っている方は是非 宮城へGO~!

さてさて。
東北一を誇る大都市仙台までは、新潟からも気軽に行ける場所として訪ねたことのある方も多いのでは?
仙台といっても市内は広く、行きたい場所を巡ったら1日だけでは足りません。

仙台の一つの魅力として、市内から少し足を伸ばすとまた違った顔を見せる穴場なスポットや、太平洋側の港町らしい風景にも出会えることです。
お時間にゆとりのある方は、内陸地やリアス式海岸の魅力にも触れて行ってくださいね。

今回は、メジャーな場所からちょっと穴場な場所まで、個人的なオススメではありますが、地元愛強めで紹介して行こうと思います

んでは、いぐすぺ!


仙台に行く目的として、2カ所あるアウトレットのどちらかを目指して出掛ける方も多いと思います。
アウトレットに行くと買い物欲が一気に満たされる感じで楽しいですよね!
ここでは、地元の人達が行くショッピングスポットも紹介しますので、是非足を運んでみてください。

三井アウトレットパーク 仙台港

三井アウトレットパーク仙台港は、高速ICから近いので新潟からのアクセスでも迷わず行けます。
ファッションからスポーツ用品まで、年中セール価格でお得に買い物ができるのが魅力。
ランチのおすすめは、フードコート内にある平田牧場直送のお肉が味わえる「まる家」の炭火で焼いた豚丼、最高です。
仙台から松島、石巻方面へ旅行計画される方はこちらのアウトレットが行きやすくおすすめです。

: http://www.31op.com/sendai/

IKEA仙台

お馴染み、スウェーデンからやって来た世界最大の家具量販店。
長町という、三井アウトレットパーク 仙台港からも程近いエリアにあります。
リーズナブルで可愛い家具や雑貨がたくさん、海外でショッピングしている気分が味わえます。
店内のカフェで食べられる、リンゴンベリージャムに付けて食べるミートボールは、意外な組み合わせが癖になります。

: http://www.ikea.com/jp/ja/store/sendai/indexPage

仙台泉プレミアム・アウトレット

仙台の中心地から少し北部にある泉エリアにあるアウトレット。
すぐ目の前には泉パークタウンタピオという複合施設があり、そのまたご近所には、おしゃれ家具でおなじみのアクタス仙台店や、D-BROSが空間やグラフィックを手掛けたカフェ、Caslonがあります。
とことん買い物を楽しみたい方はこちらのアウトレットがおすすめ。
お隣・富谷市にあるコストコまでのアクセスも近いので、1日でどちらも巡れますよ。

: http://www.premiumoutlets.co.jp/sendaiizumi/

コストコ 富谷

仙台市のお隣、富谷市に2016年オープンしたのがコストコ富谷。
コストコ行きたいけど、行く機会が断然少ない新潟の方にとっては年会費がネックになるのでは、、、?
ですが、年会費を支払ってでもお得な買い物をした気分になるのが!コストコなんですよね。
日本人の感覚にはないメガ盛り食品から家電まで、大人数で行ってシェアするのもありですね。

: http://www.costco.co.jp/p/locations/tomiya?lang=ja

駅ビル&デパート

流行に敏感なオシャレさんはまず、駅前エリアの新旧立ち並ぶファッションビルへGO!
エスパル、エスパル2、仙台PARCO本館、仙台PARCO2、AER(アエル)が買い物欲を満たしてくれることでしょう。
エスパルの地下にはレストランやお土産ショップが勢揃い、PARCOには話題のレストラン&カフェがたくさんで、行きたい店を絞るのにも困るほどです。
そんな時間がまた楽しいですよね

エスパル/エスパル2
: http://www.s-pal.jp/sendai/

仙台PARCO本館/仙台PARCO2
: http://sendai.parco.jp/page/index/index/?floor_disp=1

AER
: http://www.sendai-aer.jp/

ハピナ名掛丁商店街 ~ 一番町商店街(国分町)

地元民のショッピングと言えば、PARCOとAER(アエル)の間から向かって正面、ハピナ名掛丁商店街から始まるアーケード街を一番町方面に歩いて行くのが定番です。
途中、老舗デパートの藤崎や仙台三越、ブランドの路面店などが軒を連ねていて、一番町のシンボルに、仙台のファッショニスタ聖地でもあるFORUSがあります。
FORUS地下に昔からある北京餃子は、デカ盛り中華が有名。チャレンジャーは是非。
路地裏にはセンス抜群のセレクトショップもたくさんあるので、お気に入りのショップを探してみてください。

ちなみに一番町の裏手にあるのが、居酒屋天国の「国分町」(通称 : ぶんちょー)。若者の出会いのスポットでもあります(笑)。
昼間はショッピング、夜は選びきれないほど数多くある居酒屋から好きなお店をチョイスしてお酒を楽しむのもいいですね。
ショッピングの合間に小腹が減ったら、アーケード街にある阿部蒲鉾さんの「ひょうたん揚げ」を是非。
アメリカンドックのソーセージ部分が蒲鉾になっている、見た目にもインパクトのある仙台のソウルフードです。
また一番町には、喜久水庵でおなじみ「お茶の井ヶ田」の本店があるのでソフトや甘味でプチ休憩もおすすめ。
甘いもの好きな女子は、キルフェボン仙台で足を休めながらタルトを頬張るのはいかがでしょう?

FORUS
: http://www.forus.co.jp/sendai/

阿部蒲鉾店
: https://www.abekama.co.jp/?p=2141

お茶の井ヶ田
: http://www.ocha-igeta.co.jp/shop/ichibancho.html

キルフェボン
: http://www.quil-fait-bon.com/shop/?tsp=9


仙台と言えば牛タンだよね!!とよく言われますが、、、今回は、牛タンや海鮮などメジャーなグルメの陰に隠れつつも、私が個人的に愛する美味しい味を紹介したいと思います。
駅周辺や構内でも、お土産用にGETできるのでチェックしてみてくださいね。どれも神です。

直江商店の「おとうふかまぼこ」

蒲鉾ブランドが多くあり、おとうふかまぼこと詠われる商品の中でも、直江商店のおとうふかまぼこが元祖と言われています。
ほんのり甘めでふわっふわした生地の中にシャキシャキのたまねぎ入り。仙台駅構内やPAでも購入可能。

: http://naoe-shouten.com/index.php

油麩丼

いまや新潟のスーパーでも購入できる宮城うまれの「油麩」。
いろんな商品がありますが、本当は教えたくない幻の味がありますそれが!!

登米市で作られている「のむらの油麩」。※本当に教えたくないので小さくしてみました。笑

私が最後の晩餐に食べたいものは、この油麩の入ったみそ汁です(笑)。
ちなみにご当地グルメとしても人気の油麩丼は、県内各地の道の駅や飲食店で食べられます。
仙台市内で探すのは難しいかもしれないので、気になる方は下記通販をチェックしてみてください。

: http://chibanori.net/?pid=50737516

蔵王酪農センター「蔵王チーズ」

チーズ好き必見!宮城っ子の手みやげの定番として人気あるのが、この蔵王チーズ。
種類豊富な味は、どれもまったりと濃厚な味。
クラッカーに付けて食べてもよし、そのままスプーンで贅沢に食べるもよし。

: https://www.zao-cheese.or.jp/shop/

はらこめし

秋鮭の炊き込みご飯の上にたっぷりのいくらを乗せた「はらこめし」。
仙台市内でも食べられますが、仙台から南に位置する亘理町の郷土料理として有名です。
駅構内の土産売場や海鮮取扱店では、家でも簡単に作れる「はらこめしセット」的なものも売ってますよ。

らーめん堂 仙台っ子

通称「仙台っ子ラーメン」。その名の通り、仙台っ子の胃袋を満たしてきたご当地ラーメン。
鶏ガラ、豚ガラをつかった濃厚なスープが特徴のラーメンで、一度食べればヤミツキに。
これはラーメン大好きな新潟っ子にも、是非食べてもらいたい一品です!

: http://sendaikko.com/

ずんだ茶寮の「ずんだシェイク」

ずんだもちの他にも、ずんだを使ったスイーツが多くある宮城。
その中でも期待を裏切らないのが、このずんだシェイク。
お口の中を幸せいっぱいに満たしてくれます。2杯いけます。

: http://zundasaryo.com/zundashake/


宮城県美術館、仙台市科学館、仙台市博物館など、是非行っていただきたい大きな施設もたくさんあるのですが、せっかく新潟から行くのだから、新潟にはないような、ちょっと珍しいミュージアムをご紹介します。

感覚ミュージアム(大崎市)

仙台北部に位置する大崎市にある小ぢんまりとしたミュージアム。
その名の通り、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のいった五感をテーマにし、アートを通して不思議な体験ができる、面白いミュージアムです。

: http://www.kankaku.org/

シャークミュージアム(気仙沼市)

フカヒレで有名な気仙沼市にあるのはサメの生態が知れるミュージアム。
併設で、海に生きて来た気仙沼の人々の記録や、東日本大震災での出来事をアーカイブ展示しているので、改めて海の記憶を辿るのに良い機会にもなります。隣接の海の市では捕れたての新鮮な魚介類や土産品も購入可。
私の推しゆるキャラ、サンマの剣とホタテのベルトが可愛い「海の子ホヤぼーや」のショップもあります

: http://www.uminoichi.com/museum/index.html

ザ・ミュージアム(松島町)

日本三景 松島にある「オルゴールコレクション」「北原トイコレクション」「瀬川トイコレクション」と3つのコレクションを一度に楽しめるミュージアム。一押しはオルゴールコレクション、普段見ることのできない貴重なオルゴールの展示や、近代的な可愛いオルゴールまで、目からも耳からも癒されます。
カフェやミュージアムショップも併設されているので、ノスタルジックな雰囲気をゆっくりと愉しんでください。

: http://www.t-museum.jp/

仙台市天文台(仙台市)

プラネタリウムはもちろん、口径1.3メートルの望遠鏡で、肉眼では見ることのできない遠~くの星を観測する体験もできます(開催日要確認)。広い館内には、模型や映像を使って宇宙について学べる展示がたくさん。非現実的だけどすぐ側にある「宇宙」に触れて、幻想的な気分に浸るのも楽しいですよ。

: http://www.sendai-astro.jp/

地底の森ミュージアム(仙台市)

地底の森ミュージアムでは旧石器時代の遺跡を中心に、考古学に触れられる貴重な施設です。
体験型のイベントも随時行っているので、行かれる方はHPをチェックしてみてくださいね。

: http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~chiteinomori/


日帰りも可能な仙台は、子連れでも気軽に出掛けられるスポットがいっぱいです。
子連れに優しい設備があると、ちょっとした遠出でも安心して行けますよね。
お子様の遠出デビューにも仙台はおすすめです。

仙台うみの杜水族館(仙台市)

2015年にオープンしてから4ヶ月で、入館者数100万人を突破するほどの人気を誇る水族館。
同年惜しまれつつ閉館したマリンピア松島水族館の生物たちも、大切に引き継がれています。
海の魅力をまるごと素敵な空間に散りばめた館内は、何度でも通い詰めたくなる充実度。
おすすめはやはり、クラゲのコーナー 三井アウトレットパーク仙台港の近くにあります。

: http://www.uminomori.jp/umino/

仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール(仙台市)

なんで子供ってこんなにアンパンマン好きなんだろ!?
と思いながらも、ついアンパンマングッズに手を出してしまうそこのパパさん&ママさーん?
(ハーイ、私もその一人です。)子育てあるあるですよね
お子様がアンパンマン好きでしたら、ここに行かないという選択肢はもはやない、、です!
でも一つだけ、可愛いグッズにカフェにパン!ついつい財布が緩みますのでご注意くださいね(笑)。
場所は仙台駅からすぐで徒歩も可能です。(新潟駅から万代の端っこぐらいの距離です)

: http://www.sendai-anpanman.jp/

石ノ森萬画館(石巻市)

仙台から車で約1時間ほどにある石巻市にある、石ノ森萬画館。
この世に仮面ライダーを生み出した石ノ森章太郎先生(宮城県出身)が残した、数々のヒット作にまつわる様々な展示が見られます。むかし子供だった人も楽しめます(笑)。
歴代仮面ライダーの仮面がズラーッと並ぶ展示を見に行くだけでも、行く価値アリですよ。
海の近くにあり、東日本大震災で津波の被害を受けましたが、全国のファンからの励ましや沢山の協力を得て進められた復旧作業のおかげで、震災から1年8ヶ月後に待望の再オープン!

: http://www.mangattan.jp/manga/

ズーパラダイス八木山(八木山動物公園公園)(仙台市)

宮城県民に昔から愛されているアットホームな動物園。
キリン、ゾウ、ラクダなど、迫力ある大型の動物も見られますよ。
お隣には、八木山ベニーランドという昭和レトロな楽しい遊園地もありますので、半日ずつ楽しめばお子様も大満足&帰路はぐっすりzzz、、、
連休は道が混み合う場合があるので、園直結の地下鉄東西線を利用するのもおすすめです。

: https://www.city.sendai.jp/zoo/annai/index.html

スマイルグリコパーク(仙台市)

楽天イーグルスの本拠地、Koboパーク宮城のスタジアムに併設されている遊び場で、観覧車やメリーゴーランドがあり遊園地のように楽しめます。
スタジアム周りには、Koboスタでしか食べられない子供が好みそうなグルメも沢山売られているので、野球観に行きたいけど子供飽きるし困ったなー!の心配がいりません。
小さなお子様連れでも野球観戦が楽しめる最高のスタジアム。ついでに楽天イーグルスの応援もお願いします(笑)。

: https://www.rakuteneagles.jp/event/smileglicopark/

いかがでしたか?こちらは、書いてるだけでも幸せでございます(地元愛 )!
他にも観光地や温泉、紹介したい場所がたくさんありますが、それはまた次の機会に。


最後に、新潟市内からのアクセスについて
仙台市内の移動も考えると、やっぱり車が便利!
磐越自動車道から郡山JCTを経由して東北自動車道 仙台方面へ。
新潟市内からの所要時間はPA・SAでの休憩を入れて約4時間。
途中、会津や裏磐梯など、福島の観光地を経由しながら行ったり、喜多方から米沢方面に抜けてグルメを満喫しながら仙台に向かうコースもおすすめです。

学生さんは高速バスでラクラク仙台!
高速バスの新潟~仙台の直行便が、1日になんと8便も運行されています。
途中2度の休憩を入れ仙台までは4時間ちょっとなので、あっという間に着きます。
※運行状況はご利用時期により変更になる場合があります。

ちなみに、仙台市内の移動は地下鉄も便利です。
もし機会があれば利用してみてくださいね。
Have a nice trip!

TEXT : Fujitsuka

Author Profile

FUJITSUKA
FUJITSUKA
CUT IN デザイナー。宮城県出身、東北弁と新潟弁のバイリンガル。
現在、男の子2人の子育てに奮闘中!
夢は老後に夫と世界一周して世界のグルメ本を出版すること。