近年、県外へのショップ展開も果たした新潟発のヘアアクセサリーブランド「Smade」。オーナーでありデザイナーも兼任する佐藤氏に、物作りにかける想いやSmadeの展望を訊いた。

「Smade」デザイナー兼ショップオーナー/佐藤奨太

廣瀬
前職はアパレルショップのスタッフをされていたそうですね。
佐藤
はい。あと家業がニット工場だったこともあり、そこからの転換で、自社オリジナルの商品を出したいなと思うようになりました。
ただ、家業の本職はセーターを基本とした洋服作りだったんですけど、自分は洋服以外のファッションアイテムという形で物作りを始めました。
元々、帽子やスニーカーが好きだったこともあって、アパレルショップでは大々的に扱われていない小物類だけの店があっても面白いのかなと。
廣瀬
趣味でスケートボードもされているとのことですが、作品にその影響は?
佐藤
スケートファッションって、私服ではあるんですけど動きやすさが第一にあるので、そこはちょっと似ているかもしれません。
派手な装飾をしているというよりはシンプルで、色々なファッションに取り入れやすいようなデザインをしていますね。
廣瀬
アイテムに込めている想いはありますか?
佐藤
全てのアイテムに必ずブランドネームを載せるようにしているので、「どんなシーンで使ってもらっても恥ずかしくない物を」という想いで作っています。
あと生産工程も少し特殊で、ただ工場で生産するだけでは面白くないので、定年退職した職人さんを起用して作ってもらっているんです。手が動くうちは完全に引退するのではなく、熟練の職人さんに三次雇用という形で活躍する場を作ってあげることで存分に腕をふるってもらっているので、高いクオリティーのアイテムに仕上がっています。

廣瀬
シンプルな物でもハンドメイドだと味がありますよね。
佐藤
手編み系のアイテムに関しては一本の糸にいくつも色が含まれていて、編み方の加減で色味のバランスが変わるので一点物になるんですよ。
ヴィンテージボタンを使ったピアスやイヤリングも扱い始めたんですけど、デッドストックのボタンなのでそれらも一点物です。

廣瀬
最近ではメンズアイテムのラインナップも増えているようですが。
佐藤
それは単純に僕が使いたい物を商品化しているというか(笑)。
今は結構物が溢れかえっている時代ではあるんですけど、それでもコアな部分で「こういうものがあったらいいな」と思うことがあって。メインは帽子と蝶ネクタイなんですけど。
あと実は5月くらいにメンズアイテムの専門店を別フロアで展開予定です。

去年の3月、長野の松本に常設店をオープンさせていただきましたし、仙台・浦和・池袋・渋谷・神戸などのいろんな場所に期間店を出させてもらってます。
でも「生産は新潟で」というコンセプトがあるので、あくまでも新潟を拠点として他県に発信していけたらなと思います。
いずれは海外展開もしたいですね。


廣瀬
今季の春夏のラインナップはどのような感じになっていますか?
佐藤
今回「The Color is FUN!!!」というテーマで、とにかくカラフルに、トレンドカラーを含めた豊富なカラーラインナップで、お客様のお好みのカラーモデルを作っていこうと思っています。
中でも少しくすんだパステルカラーのアイテムが今年は来てるのでオススメですね。

廣瀬
最後にSmadeや自身の展望を教えてください。
佐藤
全国各地に店舗を増やしていくことと、メンズアイテムのラインナップを広げてメンズ専門店を作っていくことが今後の目標であり、目指していくところですね。
あとはスケボーを上手くなる!(笑)。

TEXT : HIROSE

PROFILE
佐藤奨太

アパレルショップスタッフを経て、2012年にヘアアクセサリーブランド「Smade」を立ち上げる。デザイナーとして自身もアイテム制作に携わり、より多くの「あったらいいな」に応えるべく豊富なバリエーションを展開。最近では県外での出店や、メンズアイテムのラインナップ拡大に向けた専門店のオープンを計画するなど、勢力的に活動中。

Twitter : https://twitter.com/smade419
Facebook : Smade STORE 新潟店
Blog : http://ameblo.jp/smade-smile/

INFORMATION
Smade STORE

所在地 : 新潟市中央区八千代2-1-2(BP 1F)
電話番号 : 025-240-4720

ACCESS