去る2月11日、USU aka SQUEZとKRYZが、今最も世界から注目を集める日本人ラッパーのKOHHを迎えて挑んだイベント「2FACE」。新潟のHIP HOPシーンに置いて重要なラッパー2人に、旧知の仲であるCUT INのデザイナーのKSKがインタビューを敢行。他では語られなかったイベントやシーンへの思いも聞けたので是非最後まで読んでほしい。

KSK
今回のイベントのコンセプトは?
USU
そもそもは俺とKRYZのツーマンなんだけど、さらに世界基準のKOHHくんを呼んで、新潟のHIP HOPがどれだけ通用するか。俺とKRYZという2FACE。それと、世界基準のアーティストと俺ら新潟のシーンという2FACEですね。
KSK
それぞれライブをやってみての感想は?
USU
俺は新潟を完全に見せれたかなと。KOHHくん目的のファンも多かったと思うけど、地元新潟の俺たちが地元の人を盛り上げられなくては意味がないので。そこは自信がありました。
KSK
KRYZは?
KRYZ
ん゛ーぞぞぞ う゛ですね゛ー あ゛ー、、、ん゛ー、、、。
KSK
声ガッサガサだし感想出てこねーしw。
KRYZ
すみません。楽しくLIVEできました。お客さん的にウケたものもあったし、バックダンサーもついてくれたので心強かったですが、アルバムが発売直前しかも初披露ということもあって不安も多かったですが、その日の全ては出せたかと思います。今思えばもっとできたって所もあるんすけど、でも凄くいい経験にはなりましたね。

USU
だよな。新曲をやるのはメッチャクチャ不安で自分のことを試すっていうのもあるけど、それが数曲ってなると、メンタル的に構える部分が多くなるからね。
KRYZ
構えた部分もあったけど、でもアレっすよ。今の自分を、あのー、、、。
KSK
今の自分を新曲含め全部出せ、、、。
KRYZ
ゼンブダセタ。
USU
DO MY 、、、。
KRYZ
、、、ベスト。何すかこれ?(笑)。
KSK
一言めが遅せーの!(笑)。それぞれ、お客さんの反応はどうでした?
USU
どのくらいのお客さんがKOHHくんを目的に来たのかあえて聞いたし、俺のライブがヤバかったかも聞けた。そこの確認も今回重要だったし。ライブは最初から終わりで一つだから、一曲に固執は無いけど、あえて言うとNGT24の盛り上がり方が異常でしたね。

KRYZ
俺の方は初披露が多かったので聴いて吟味してもらえたかなぁと。中でもSHE KNOW ITはライブ中も体揺らしてもらったり、終わった後も良かったって言ってもらえたり、一番反応よかったですね。
KSK
今回2人ともライブでバックダンサーを起用してるけど、打ち合わせとかで両方入れようとかあったのかな?
USU
俺が少し前にXL VIEW NUSICってレーベルを立ち上げて、そこにTHUG HOMEYのTAKUちゃんにも所属してもらってるんだけど、俺がこの曲にダンスお願い!じゃなくて、TAKUちゃんが踊りたい曲を選んでくれてダンサーの立場からプロデュースしてくれて、本当に安心できて。そこも合わせて良いエンターテイメントとして観せられたと思って本当感謝してますね。

KSK
へー!結構凝ってるな~と観てて感心したなぁ。
他にもイベントでは黒さき海斗や前日のパフォーマンスオーディションからのHOOK UPなど新しい風もあったけど、その辺の考えは?
USU
先に話した世界基準のアーティストと新潟のシーンという2FACEがあったので、ベテラン、中堅、若い世代と広く新潟を共有したかった。ただし、条件は共通してカッコイイということ。
KRYZ
やっぱ前日のパフォーマンスで選ばれたダンサーのKareRinは特にヤバかった。一つ次元が上で自分たちの見せ方を分かってる。あと他のアーティストも自分を見せようとバイブス高いのが嬉しかったっすね。
KSK
あ!そのメンバーの子、以前インタビューさせてもらった!なるほどねー。では次の質問で、当日はMCで現場主義という話もあったけど、SNSやYouTubeについてはどう思う?
USU
今はモチロンみんなSNSを使うし、全部ネットが教えてくれるんだけど、SNSの世界だけのやりとりで気持ち通じたコミュニケーションをとれたと勘違いしてる人が多い気がして。ネットで見た事が体験や経験だと誤解する人も多いから、現場の良さが伝わりづらくなってきたけど、みんな勝負しているのは現場だから。LIVEっす!LIVE!
KSK
なるほど。そうだよね。きっかけはネットやSNSでいいと思うけど、それで全部理解はできてないよね。ネットの音や映像も現場が根っこな訳で。生でLIVE観ると感じることが全然違うし、かなわない!
KRYZ
そうっすね。ネットやSNSで見たもので判断する人もいますけど、絶対LIVEの方がいい。そこにいなければ感じられない空気ってものがあって。

KSK
Grooveだよね。大事大事。あと、2人だから聞きたかった事があって、当日もUSUの曲間でKRYZ、MARU-AIでエキシビション的にやったけど、今はMCバトルが凄く注目されてて。でも曲そのものであるラップシーンとの隔たりを感じて、元々知ってる立場からは違和感を覚えるけど、両方やってる2人はどう思う?
KRYZ
観てる人からはそう分けられるかも知れないけれど、壁なんてないと思うんすよ。全部ひっくるめてHIP HOPだし、全部ひっくるめてLIVE。曲やってる時も、バトルやってる時もLIVEと思ってます。まあバトルするかは個人の自由で。
USU
バトルをやってるヤツにしかわからないこともあって。曲もバトルも両方やる。でも俺はバトルが今注目されていても、あくまでバイプレイヤーだと思ってて。脇役だけど、バトルをやってると繋がれるんすよ。色んな人と。そこなんすよ。HIP HOPって出会いが大事だから。
KSK
バトル=ラップじゃなくて、バトルはラップの中の1コンテンツで、自分の幅や世界を広げてくれるものということなんだね。
最後に。今回のライブを通じてこの先のシーンを感じることとかあった?
USU
俺とKRYZはハンパじゃないってことっすかね。あとは自分に対して、もっと頑張れって感じ。
KSK
どっちだよ!(笑)。
USU
んーLIVEいいヤツはマチガイないんすよ。とりあえず、LIVEがやべ~ヤツが生き残るっすね、絶対に。

KRYZ
プレイヤーで言えば特に今回出られなかったり、他でもなかなか呼ばれない人は何で出られないのかを現場で探して欲しいですね。やっぱりLIVEって、そこにいた人しかわからない素晴らしい時間や空気を共有できるってことが良さだと思っていて。あの日それを感じてくれた人が、また現場に来てくれる事が増えたらいいと思います!
USU
やっぱ現場主義っすよね!K◯Lさん!(←2人のアルバムに最も関わり、今回のイベント前日にSNSで饒舌に現場主義を語ったが、当日来なかったパイセン)
KSK
うまく締めたねー(笑)。
PHOTO : Takuya SHIRAISHI
TEXT : KSK
USU aka SQUEZ & KRYZ 2MAN LIVE 「2FACE」

KRYZ セットリスト

1.Pandora (イントロ)

2.Tiger comes

3.HateからLOVE

4.ナイショの話

5.Fly at high

6.ジグソーライフ

7.I go straight on my way

8.Alive

9.Selfish

10.ウィーゴー

11.All eyez on me

12.Sofa

13.She know it

14.Hero

15.ゴメン、アリガトウ

USU aka SQUEZ セットリスト

1.COMPLETE BOY

2.Guess Who’s back

3.DAY ONE

4.My rust tag

5.NGT24

6.Straight outta hood with KRYZ,MARU-AI&The Bigining

7.新潟UP MC BATTLE with KRYZ,MARU-AI

8.Last empire ※アカペラ

9.16(Six teen)with ISSEY+YUU

10.Idol.offer me with The bigining

11.NEW BARS DAY ※アカペラ

12.は?

13.最ッ低のMC REMIX

14.DOCK

15.裸のキング

16.たった一つ

17.新潟スワン

18.ERA with The bigining

Author Profile

KSK ONE
KSK ONE

CUT INのグラフィックデザイナー。HIP HOPにハマり、GRAFFITIやDANCEをかじって、クラブにもどっぷり浸かる。最近はシティ・ポップスの音源&ライブもチェック。ネギヲタ箱推し。