街やメディアで、最近見かけることが多くなったけん玉。ストリートカルチャーとしてのけん玉をリードするSPIKE NIIGATA主宰の中澤氏にシーン、そして11/3(木・祝)に開催される 「#CUT IN PARK」への想いを聞いた。


nakazawa_sam

中澤知也 けん玉プレイヤー/PRIVILEGE NIIGATAマネージャー Interview

けん玉シーンの現状

イカジュン
けん玉がストリートカルチャーとして認知されてきたのは?
中澤
実際、W杯の初開催は2014年ですし、ここ2〜3年だと思います。自分が始めた時はアメリカで流行っていて、日本でもやっと流行り始めたくらいでした。
イカジュン
ストリートカルチャーとしてのけん玉は、新潟でかなり早い段階で始めたんじゃないですか?
中澤
そうですね。以前はけん玉ってイロモノ的な扱いをされることが多かったのですが、最近はストリートカルチャーとして認められてきているのを感じます。一時は一緒にけん玉を始めた仲間もバタバタ辞めていった時期もあったのですが、この1年でまた盛り上がりをみせてきて、小さい規模の大会も入れたらかなりの数の大会が開催されているんじゃないですかね。

2

全身に巡る達成感

イカジュン
難易度の高いトリックをメイクできた時の気持ちは?
中澤
他の競技と一緒で壁を乗り越えた時の快感は計り知れません(笑)。それを動画でカッコよく撮れるとと、さらに気持ちいいですね!最初は海外のプレイヤーがメイクしているトリックも最初は「出来るワケないじゃん」って諦めそうになるんですよ(笑)。
イカジュン
それをどうやってクリアしていくんですか?
中澤
やっている内に次第に手応えを感じ始めて、どんなに難しいトリックも1年後には完璧にメイクしてるんですよ。けん玉の人気が一気に高まった分、トリックの難易度も一気に上がりました。
イカジュン
今、チャレンジしているトリックは?
中澤
今は剣と玉を手で弾いて、ジャグリングのようなアクションのジャグルというトリックに挑戦しています。くじけそうですが、それも楽しくて(笑)。

初めてのコンペティションでの惨敗

イカジュン
数々の大会に出場していますが、一番思い出に残っている大会は?
中澤
フリースタイルKENDAMA世界大会「catch&flow」ですね。世界各国からプレイヤーが集まるビッグゲームなのですが、「いつもSNSで見ていた人たちを生で見てみよう」みたいなノリで行ったんです。
イカジュン
でも何故出場することに?
中澤
前日に会場へ遊びに行ったら主催者の方とリンクする機会があって、一緒に軽くセッションしてたら「出なよ」って(笑)。当然ですが、何の準備もしていなかったので最悪の結果でした。でも「大会に出ることに意味があるんだな」って、逆にモチベーションに繋がったんです。けん玉って今思うと、人生観を変えてくれたかもしれません。
イカジュン
どういう風に?
中澤
今まで何をするにも下調べが重要だと思っていましたが、ノリや直感も重要だなと!

SPIKE NIIGATA結成の目的

イカジュン
中澤さんが主宰を務めるけん玉CREW「SPIKE NIIGATA」の存在も新潟にストリートカルチャーとしてのけん玉を根付かせたんじゃないですか?
中澤
そう言ってもらえると活動していた甲斐があります。もともと僕が働いていたPRIVILEGE NIIGATAのお客さんでCREWを組んだんです。単純にゆるく楽しく、一緒に練習が出来ればなくらいのノリで。でも次第に「けん玉の面白さをもっと広めていきたい」と思うようになりました。
イカジュン
クラブや地域のお祭りなどでワークショップを開催しているんですね。
中澤
色々な方から「ワークショップを開催して欲しい」と声をかけていただけるのは嬉しい限りですね。SPIKE NIIGATAのコンセプトの通りに動けていると思います。
イカジュン
クルーとして、これからの展開を教えてください。
中澤
ストリートカルチャーの1つとして、けん玉が浸透していけばいいなと思っています。そのために1人でもプレイヤーを増やして、新潟から世界に通用するプレイヤーを排出したいですね。あくまで「ストリートカルチャーとして」という部分にはこだわっていきたいです。

3

G-SHOCK presents NIIGATA #CUT IN PARKでの展開

イカジュン
11/3(木・祝)に新潟市万代島旧水揚場跡地で開催される「#CUT IN PARK」では、どのようなコンテンツを?
中澤
ゲームとワークショップを開催します。豪華景品をかけたゲームはレギュレーションを設けて、クラス別で開催しますが未経験の方でもプライズをゲット出来るようにミニゲームも開催する予定です。
イカジュン
ワークショップは?
中澤
未経験者の方にも参加して欲しいですね。僕らは教えることはもちろん、一緒に楽しんで盛り上がろうよって。
ルール説明動画
BEGGINER OPEN
TEXT : IKAJUN

PROFILE
中澤知也

長岡市出身。“とにかくけん玉を楽しもう”をメインコンセプトに、2014年8月に始動した「SPIKE NIIGATA」のプレイヤー/マネージャー。普段は新潟市中央区のアパレル ショップ「PRIVILEGE NIIGATA」でマネージャーを務める。新潟でけん玉を広めるために活動中。
: naka_chan813
: https://www.youtube.com/user/macbaby1989