KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL / Vo. Dieshi Interview

artist

結成経緯について

ガク
バンド結成から現在までの経緯を教えて下さい。
Dieshi
Ba.Yasuhiroと、脱退して今はいないGt.TAKとは地元が一緒で音楽の趣味も合い、気付いたらバンドを組んでいました(笑)。
隣の地区に住んでいたGt. Yuliと高校時代に知り合いそのままメンバーに。
その後専門学校時代にDr.Yukiと知り合い、今メンバーになりました。 
ガク
オリジナルメンバーのTAKの脱退はかなり葛藤があったんじゃないですか?
Dieshi
活動を続けていく中で、初の全国流通となる1st EP「WAIT&SEE」 をリリースして、これから!って時だったので、メンバー脱退は辛かったけどGt.TAKにも彼の人生があるし・・・。
止むを得ず脱退という形になりました。
ガク
新メンバーを迎える方向にはならなかったんですか?
Dieshi
今までやってきたメンバーとバンドに対しての思い入れが強かったので、新しいメンバーを迎えることなく現メンバーで続けていこう!とその時みんなで話し合って決めました。

live_01

盟友リベリオンとのイベント「米騒動」について

ガク
大きな話題となった「a crowd of rebellion」とのイベント「米騒動」について教えて下さい。
Dieshi
最初始めた頃は何かとにかく面白いことがしたくて、それこそ俺らみたいなバンドが新潟には全然いなくて。
米騒動なんて付けちゃうくらいですから、とにかく真面目に不真面目をテーマに、みんなで騒げるものが出来ればいいかなって思って始めたらまさかの大反響で(笑)
ガク
オコメタルやコシヒカリーモなる造語を生み出し、凄い盛り上がりでしたよね!個人的には是非現在進行形の「米騒動」が見たいですね!
Dieshi
最近全然出来てないんですけど「米騒動」はまた絶対やりたいですね!

新潟のシーンについて

ガク
常にシーンを盛り上げてきた「KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL」ですが、現在の新潟のシーンについてどう思いますか?
Dieshi
僕らがバンドを始めた頃に比べ、レベルの高いバンドが沢山増えたと思います!「午前四時、朝焼けにツキ」や「CSE」など、積極的に県外で活躍してるバンドも増え、最近では「Raptor」のCDも全国流通し盛り上がってきています。が、まだまだこれからだなって思います!
僕らやリベリオンのようなジャンルのバンドが減ったのがちょっと悲しいですが(笑)
ガク
2バンドとも真似できないシャウトや轟音など、かなりトガッていますからね(笑)

live_02

USUなどの異なるジャンルとのコラボレーションについて

ガク
今回新潟を代表するラッパー「USU aka SQUEZ」のアルバムへの参加について教えて下さい。
Dieshi
新潟でDJをしているTAGAさんがたまたま僕らの曲を聴いてくれてそこから声がかかりました。
クラブミュージックやHIPHOPは好きですし聴いたりもしますが、実際に別ジャンルの方々と一緒に1つの音楽を作るっていう事がこれほど刺激になるとは思いませんでした!
ガク
別々のジャンルですが、お互いに新潟を引っ張ってきた二人の共作はシーンにとってもかなり刺激的だと思います。別ジャンルでの制作にあたって不安は有りませんでしたか?
Dieshi
作る前とかやる前は不安だらけでしたけど、いざ飛び込んでみると考えたりするのが楽しくてしょうがなかったですね(笑)。またこうゆう機会があればガンガン挑戦していきたいです!

バンドが影響された5枚について

ガク
様々なスタイルを吸収しオリジナリティーを確立している「KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL」が影響されたアーティストと楽曲をいくつか教えてください。
Dieshi
結構みんな好きなバンドの幅が広くてなかなか絞れないんですけど(笑) 。Good Charlotteの「The Young and the Hopeless」これは青春です!
ガク
やはりGood Charlotteはお好きだったんですね!バンド名の「KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL」って Good Charlotteの曲に有るじゃないですか?
Dieshi
そうなんですよ!わかってくれる方が少ないので嬉しいです!笑
意味は「俺の女に手を出すな」で、曲も凄くカッコよいのでバンド名として即決でした(笑) 
ガク
かなり男気あふれるバンド名ですね!(笑)他に影響を受けたバンドはありますか?
Dieshi
Browdwayの「Kingdoms」、Alesanaの「Where Myth Fades to Legend」、anberlinの「New Surrender」は今のバンドの基盤になってます!あとなんといってもELLEGARDENの「RIOT ON THE GRILL」ですね!

live_03

ファイナルへの意気込みと今後の展望について

ガク
リリースツアーで全国各地を回ってきたと思いますが、地元で開催するツアーファイナルへの意気込みを教えて下さい。
Dieshi
僕らは正直あまり新潟でライブをしないんです。
それには訳があって、1番信頼できるのも、そして1番カッコつけたいのも地元新潟なんですよね。 
僕にとっては、どんなに大きな場所や土地でライブをするよりも価値があるんです。
自分たちに取って大きな意味があり、それはこれからも変わらないと思います。
大切な場所でやる、大切なライブを皆さんに見てほしい。
自信を持って本当にカッコいいと言える仲間たちも揃ったんで、ぜひ遊びに来てください!
ガク
ファイナルが楽しみですね!まだ気が早いかもしれませんが、次のリリース予定などはあるんですか?
Dieshi
はい!実は今回のツアーファイナルは遊びに来てくれた方限定で、新曲を一曲収録したCDを無料で配布するんです!
ガク
それはかなり嬉しいお知らせですね!という事は・・・??
Dieshi
そうなんです!
今年の冬に、ライブ会場限定販売で3曲入りのシングルを発売することが決定しました!!このシングルの販売はライブ会場限定なので是非この機会にライブハウスに遊びに来て欲しいですね!

ガク
それでは最後に今後の展望を教えて下さい。
Dieshi
ファイナル後も止まらずに、更に勢いをつけてライブや曲作りをガンガンやっていくので、楽しみにしてて下さい!(笑)

_jacket

TEXT : ガク

PROFILE
KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL

Yasuhiro – Bass / Vocals – Dieshi / Guitars – Yuli / Drums – Yuki

2008年,KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRLとして本格的なバンド活動をはじめる。
ヘヴィーな楽曲と美メロディーを融合させるスタイルを確立。
2011年に初音源『THIS IS THE NIGHTMARE』をセルフ・リリース。
2012年には同郷の盟友a crowd of rebellionと「米騒動Vol.1」を共同企画するなど確実に知名度を上げ、同年ZESTONE RECORDSと契約。
ギターのTAKが脱退し2014年5月にやむを活動休止になるが、4人で活動を再開し「BLAZE AWAY」をリリース。再びシーンの注目を浴びている。

: http://www.kyhomg.com/


INFORMATION

KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL presents BLAZE AWAY TOUR 2016 FINAL LIVE
2016.11.03 [Thu] 新潟 GOLDEN PIGS RED

MAKE MY DAY
FOAD
NoisyCell
survive said the prophet
AIRFLIP
MELLOWSHiP
KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL
The MUSMUS

開場 : 16:00/ 開演 : 16:30
前売り¥2,000 当日¥2,500+D代¥500 高校生以下-¥500

=====

New Release
2016 Winter Release
KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL
会場限定Single「Memories」

01.With You
02.Bad
03.As Ever